「ジャンボ」というあだ名を受け入れる②

「ジャンボ」というあだ名を受け入れる②

ジャンボ、と私に命名した友だち。

その友だちがさ、

素敵な子だったの。

彼女は

・とにかくかわいい(坂井真紀似)

・人気者

・おしゃれ

・面白い

・口が悪くて言いたいことを言う

・でも慕われている

・いつでも話題の中心にいる

・芯が強い

高校の時から、

とにかく目立ってて

一目置かれていたの。

 

 

で、私はと言うと。

・かわいくない

・人気者じゃない

・おしゃれじゃない

・嫌われないように、本音を隠す

・少数の部活の後輩に慕われてる程度

・話題の中心になるとしたら、そのデカさくらい?

・芯がブレブレ

 

 

、、、どうよ。笑

私は彼女と自分を、比べまくって、

彼女を自分より「上の人」と定義し、

当時「どうせ私なんて」と拗ねていたんだと気づきました。

だから、

自分より「上」の彼女に、

「そのあだ名嫌だな」

って、怖くて言えなかったの。

言っても無視されたら?

もっとバカにされたら?

見下されたら?

彼女だけでなく、彼女の友だちにも軽蔑されたら?

そんなことを妄想して、

とにかく怖かったの。

たくさん、感じていた「怖い」という気持ち。

その「怖い」すら、

見ないようにして、

捨ててきた私。

それに気づけて良かったー。

続く。笑